看護師として就職することの強みについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、 医療の現場では 深刻な人手不足が表面化しています。 その中でも人手が不足している職種は看護師、並びに医師になります。特に看護師に関しては女性の就業者が多く、結婚や妊娠を機に退職して行くものも多く、病院では看護師不足が大きな問題として取り上げられています。そのような人手の足りない看護師ですが、実は看護師には他の職業にはない素晴らしい魅力があるのです。今回はそんな看護師という仕事の魅力についてご紹介したいと思います。

 

就業場所が多岐にわたる

病院・クリニックのみならず、看護師の活躍する場は多岐にわたるため、希望の就業スタイルに合わせて仕事を探すことができます。女性が従事することの多い看護師ですが、仮に赤ちゃんが生まれた場合であっても、子育てと看護師としての仕事を両立するのは不可能なことではありません。また病院によっては子育てを支援している職場も多いので、看護師は子育てとの両立が比較的やりやすい仕事だと言えます。さらには看護師のお給料が高いのは周知のことだとは思いますが、シングルマザーであっても普通の事務として仕事するよりも、看護師の方が比較的経済状況は豊かであることが多いように思います。もちろんお仕事によって状況はいろいろですが、看護師は比較的職場環境のいい仕事だと言えるのは確かだと思います。

看護師の仕事は介護施設などでも需要は高く、正看・准看問わず採用しているところが殆どです。求められるスキルも就業先によって様々なので、常にスキルアップを行なうことができます。 色々な側面から考えると、医療関係の中でも看護師という仕事は生涯を通じて続けていくことができるお仕事です。

 

就職難知らずのお仕事

前述の通り看護師は今全国的に不足しているお仕事の一つです。医療現場では看護師の人手が足りずに、きつい労働を強いられている環境もあるかもしれませんそのため看護師は非常に重宝されている人材です。

 

命を預かる仕事

直接的な医療行為が行なえる看護師だからこそ、その仕事内容はミスが許されないことが殆どです。過酷な業務も多く、精神的な強さも必要とされます。看護学校では計り知れないプレッシャーが、リアルな医療の現場には存在しています。その反面、最も患者さんの身近にいる頼りにされる存在として、常にやりがいを感じることができるお仕事です。 考え方は人それぞれですが医療従事者ほどに仕事のやりがいを感じられるお仕事はすぐ見つかるものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。