薬剤師という仕事について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アピスSキューブでは、薬剤師の就職や転職支援も積極的に行っています。薬剤師も 全国的に人材が不足している職業の一つとして挙げられています。そのため薬剤師の時給や月給は現在比較的高めに設定されている、非常に魅力のあるお仕事だと言えます。待遇面以外にも薬剤師には素晴らしい魅力が色々とあるので、以下に列挙してみたいと思います。

 

幅広い分野で活躍できる

薬剤師の資格を活かすことができる分野は幅広く、活躍の舞台も多岐にわたります。新薬を開発する企業での研究職やMR、治験関連職(CRC、CRAなど)や医療機関での調剤業務など、職種は様々です。 現在難病や生活習慣病の治療は薬によって行われることが多く、そのため薬は世界の人々を広くするものだと言えます。そのような新薬を開発するお仕事に従事できるのも、薬剤師の大きな魅力だと言えます。自分がやっている仕事が世界中の病気の患者さん達を救う、そのようにやりがいのあふれる仕事こそ薬剤師だと言えます。

また、医薬分業が進み調剤薬局が増えたことから、薬局では慢性的な人材不足が発生しています。今後の医療を支える上で、非常に重要な資格と考えられています。

 

生涯にわたって仕事をすることができる

結婚や出産を機に退職された主婦の方や定年を迎えた方などでも再就職しやすく、ブランクをあまり気にせずに復帰することが可能です。薬局などでは、午前中のみや週3日位など希望の時間帯で働ける所も多いので、たくさんのママさん薬剤師が活躍中です。 さらには前述の通り薬剤師は全国的に不足しているために、比較的勤務形態の希望が通りやすくなっています。土日は家庭を優先するので出勤できない、3時には子供を幼稚園に迎えに行くので仕事を切り上げたい、そのように一般的では難しいような要望であっても、薬剤師という仕事であれば叶うことも多くあります。

 

プロ意識を必要とされる仕事

高度な知識と技術を必要とされている仕事が多く、医療行為に関係するものを扱うのでミスの許されない業務が殆どです。そのため薬剤師という仕事には高いプロ意識と責任感が求められています。アピスSキューブでも、そのような人材の転職を積極的に行っています。今後は在宅訪問での服薬管理指導の拡大など薬剤師の役割も変化していくと考えられ、柔軟な対応が求められています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。