アピスSキューブの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師や薬剤師の就職・転職応援サイト アピスSキューブの魅力の一つとして挙げられるのは、コミュニティサイトの運営でしょう。2011年からは ホームヘルパー講座の受講生に向けて、コミュニティ交流ウェブサイトが立ち上げられました。ホームヘルパーの資格取得に向けて疑問点などの質問を受け付けている他にも、ホームヘルパー2級を目指す受験生同士の交流が測れる場所となっています。そのように将来医療関係に従事することを目指す方々の積極的な交流場所を提供しているのも、アピスSキューブの 大きな魅力のひとつだと言えるでしょう。

 

医師の仕事や看護師の仕事のように医療の現場で働くというのは、想像もできないプレッシャーと隣り合わせの仕事になります。そのような壁にぶち当たった時に支えとなってくれるのは、見習い時代を共に過ごした仲間たちでしょう。

アピスSキューブでは、 ただ医療の現場への就職や転職を応援するだけではなく、医師や看護師、又薬剤師として仕事をするようになってからのこともしっかりとフォローしている医療転職応援企業です。そのような点が医療の仕事につく利用者からの評価されて、アピスSキューブ は現在でも多くの医療関係者に利用されています 。

 

アピスSキューブの設立は平成19年4月のこと、本社は大阪の茨木市になっています。 十数名の社員と共に日本全国の医師や看護師、薬剤師、福祉関係の仕事を目指す方々のお仕事のお手伝いをしています。

 

医療や福祉の現場で働くということは、一人ひとりの名前のある個人と向き合うという点で、 不特定多数を対象としたモノやサービスを提供している従来型の産業とはまったく異なった資質や能力が求められる事になります。

このような資質を身につけるには医学部や看護学校で学ぶことだけでは必ずしも十分とは言えず、 どうしても現場での実務経験を地道に積み上げていく事が必要です。

ところが、医療・福祉の現場での平均勤続年数は他の業種と比べても決して長い方ではないというのが現実です。そのように離職率が高くなった原因には、精神的、身体的に高ストレスの職務内容、労働集約型の事業形態、 普遍的な資格保持による組織への帰属意識の希薄化などさまざまな要因が絡み合ったものと考えられるのですが、 これは 医療の現場の勤務形態を表面的に変えるだけでは改善のできないことだと考えられています。

 

そのようにただ稼ぎがいいだけではない医療のお仕事というのを、大きくバックアップしていくのがアピスSキューブという企業です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。